HOME >> ご挨拶

ご挨拶

院長

すみ ひろひさ

鷲見裕久

院長
● 略歴
岐阜大学医学部 卒業
岐阜大学産婦人科 (講師)
羽島市民病院 産婦人科部長
高山赤十字病院 産婦人科部長
松波総合病院 産婦人科部長を経て
平成6年12月西ぎふ産婦人科開院後現在に至る

ご挨拶

西ぎふ産婦人科を、当地に開設し16年になります。小規模な医院ではありますが、小さな命との感動の出会い、その輝かしい命の成長を見守り 、支えていく環境を作ることが当院の使命と考え、努力してまいりました。生まれた子供が育っていく過程を長く見守りたいと、少子高齢化の時代、 核家族の多くなった今だからこそ、妊娠・出産から退院後の授乳期における育児まで、信頼と安心の中で過ごしていただけるように努めております。
今後も、さらに努力をしていく所存です。

主任助産師

すみ きよこ

鷲見季予子

主任助産師
● 略歴
名古屋大学医学部付属助産婦学校卒業
岐阜大学病院産婦人科 勤務
西ぎふ産婦人科に就業し現在に至る

ご挨拶

 ‘西ぎふ産婦人科’と共に歩んできた助産師としての任務は、私を大きく強く成長させてくれました。 16年間の様々な体験と多くの出逢いを通 して築き築かれた信頼関係は、新しい命の産声とともに、私の心に深く刻まれています。
 私は、看護師として内科・外科・皮膚科などの勤務 経験があります。その後、志し新たに命の誕生に携わる仕事を天職にと、助産師の国家資格を得ました。それから33年、この間に出産・育児も経験し、 育児とは母親にとって自分の人生そのものだと痛感しました。
 現在では、‘西ぎふ産婦人科’において、子育ての大切さや乳幼児期の子育てが 人生の原点になっていく重要さを一人一人に伝えられるように育児支援を行っています。
 ‘母乳育児’とは、母乳を飲ませて育てることだけでは ありません。この16年間で私が築き上げてきた母乳育児支援の真髄は、社会貢献ともなる‘子育て’にあると考えています。大切に育てられた赤ちゃんは、 他人をも大切にする人に育ちます。
 これからも多くの妊産婦さんとのより良い関わりとともに、安心・安全な出産をサポートし、さらに産後の 母乳育児を精一杯サポートしていく所存でございます。

●プライバシーポリシー    ●アクセス    ●お問い合せ

西ぎふ産婦人科 院長:鷲見 裕久 母乳外来担当:鷲見 季予子 診療科目:産科・婦人科

Copyright© 2010 Nishigifu-Maternity All Rights Reserved.